北隆館

SCIENCE WATCH カミキリムシの生態

その生態の科学的研究の最先端が理解できる!
製品情報
ジャンル・特集 SCIENCE WATCH
著者/編集 岩淵 喜久男(東京農工大学大学院農学研究院)
定価 本体3,800円+税
発売日 2015.09.10
判 頁 A5判・並製・390頁
ISBN 978-4-8326-0782-8
概要

カミキリムシ研究を科学的な観点から先導してきた9人の研究者が健筆を揮います。

本書には、わが国の主要なカミキリムシ研究の大部分が網羅されています。また、未発表のデータ、入手困難な資料等も数多く含まれており、本書があれば、これまでに行われた主要な研究は、ほぼ把握できるはずです。

カミキリムシには害虫となっているものも多い一方で、その美しさから蒐集の対象としても多くの人を惹きつける昆虫です。

害虫としてのカミキリムシの対策に携わっている方、カミキリムシの研究者、あるいは、カミキリムシのことをもっとよく知りたいと思っている昆虫ファンなど、多くの読者の関心に応えることができる1冊です。

目次

口絵:さまざまなカミキリムシ:亜科の特徴

I. フトカミキリ亜科のカミキリムシ類の生態

1. マツノマダラカミキリの生態―マツノザイセンチュウとの相互関係を含めて―(富樫一巳)
2. センノカミキリの生活と害虫化(窪木幹夫)
3. クワカミキリの産卵と樹種選択(江崎功二郎)

II. フトカミキリ亜科のカミキリムシ類の行動と休眠

4. ゴマダラカミキリが配偶者探索に利用する情報(安居拓恵)
5. キボシカミキリの配偶行動と生態情報利用,体サイズ(深谷 緑)
6. キボシカミキリの生活史と休眠(新谷喜紀)

III. カミキリ亜科トラカミキリ類の生態とフェロモン

7. ブドウトラカミキリの行動とフェロモン(岩淵喜久男)
8. トラカミキリのフェロモン腺とその生態学的起源(星野啓太)

IV. .ハナカミキリ亜科のカミキリムシ類の生態

9. 卵巣の発育様式からみたハナカミキリ類の多様性とPidonia属の生活(窪木幹夫)

V. 国境なきカミキリムシ

10. 移動するカミキリムシ類(槇原 寛)

本書で出てくるカミキリムシの索引
事項索引

発売年月で探す
トピックス