北隆館

牧野富太郎が愛した画工たち 水島南平画集

日本画の素養と確かな技術で描いた記録画を“産業美術”に昇華させた孤高の画工・水島南平!!
製品情報
ジャンル・特集 専門書(北隆館)
著者/編集 図解説
邑田 仁 (東京大学名誉教授)
田中 純子 (練馬区立牧野記念庭園)
石川 美枝子 (植物画家)
寺田 鮎美 (東京大学総合研究博物館特任准教授)
定価 6,600円(本体:6,000円+税)
判 頁 A4判・180頁
ISBN 978-4-8326-1019-4
概要

牧野富太郎の名著「牧野日本植物図鑑」(1940)において、最も多くの画を残した画工・水島南平。日本画の素養を持ちながら、北隆館刊行「日本動物図鑑」や「応用動物図鑑」の画を手がけていた気鋭の画工・水島の原点は、科学的記録としての生物画の世界であった。
本書では、水島が大正期に東京府農事試験場(シクラメン・フリージアなど)と神奈川県立農事試験場(シャクヤク)で描いた、極めて精緻な新品種(描画当時)の動植物画の数々を紹介している。

発売年月で探す
トピックス