北隆館

BIO Clinica 2020年 6月号

アミロイドーシス診断と治療の進歩
Development of diagnosis and therapy for amyloidosis
製品情報
ジャンル・特集 BIO Clinica
著者/編集 山下 太郎(熊本大学医学部附属病院神経内科 アミロイドーシス診療センター)
定価 2,364円+税
発売日 2020.05.22
判 頁 B5判・94頁
ISBN 17601-06
概要

アミロイドーシス診断と治療の進歩
Development of diagnosis and therapy for amyloidosis

価格:定価2,364円+税

TOP (巻頭言)21世紀の疾患,アミロイドーシス End of rehearsal(これからが本番)(安東 由喜雄)

・総論:アミロイドーシスの研究と治療法の進歩(山下 太郎)
・遺伝性ATTRアミロイドーシス(植田 光晴)
・非集積地の遺伝性ATTRアミロイドーシス(小池 春樹)
・野生型ATTRアミロイドーシス(関島 良樹)
・脳アミロイドアンギオパチー(脳アミロイド血管症)(坂井 健二・山田 正仁)
・全身性ALアミロイドーシス -診断と治療の進歩-(島崎 千尋)
・透析関連アミロイドーシス(山本 卓・内木 宏延)

NEWS FROM INDUSTRY
・トランスサイレチン型アミロイドーシスの治療選択肢
―タファミジスメグルミン(ビンダケルⓇカプセル)―(平野 陽子・石井 朝憲)
・RNAi製剤パチシラン -FAPに対する新アプローチ-(安岡 由佳)
・バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「Sixteens®」のメタボローム解析 村田 公英)
・「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!(光岡 知足・村田 公英)

BIOLOGY TOPICS
・機能性自己集合化分子によるがん検出とアミロイドβ凝集阻害効果(唐澤 悟)

CLINICAL TOPICS
・家族性尿細管間質腎炎 ―自験例を中心として―(貝森 淳哉・猪阪 善隆)
・脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療(西尾 久英・篠原 正和 他)
・ALアミロイドーシス −自験例と文献的考察− (片山 加奈子・井上 義一 他)
・心不全患者に潜在するトランスサイレチン型アミロイドーシス (泉家 康宏)
・心アミロイドーシスの治療における最近のトピックス(伊藤 隆英)

発売年月で探す
トピックス