北隆館

考古調査ハンドブック⑲ 江戸の土器

近世江戸を中心に生産された江戸在地系の土器の入門書!
製品情報
ジャンル・特集 考古調査ハンドブック
著者/編集 小川 望(江戸在地系土器研究会・中央大学兼任講師)
定価 本体3,000円+税
発売日 2019.12.25
判 頁 260頁
ISBN 978-4-8216-0531-6
概要

江戸の遺跡からは、必ずといってよいほど土器が出土します。年代特定の重要な指標である江戸の土器、とりわけ、カワラケ(碗・皿形の素焼きの土器)、ホウロク(素焼の土製の平たい炒り鍋)、火鉢、焜炉、焼塩壷(精製塩を得るための土器)、灯火具、植木鉢などの土器の基本(特徴・用途・分類)について、初心者にも分かりやすく解説します。本書は、江戸在地系土器研究会の議論を経てまとめられ、近世史を理解する上での便利なハンドブックです。

目次

Ⅰ「江戸」の「土器」とは?

①「江戸の土器」の特徴 ②「江戸の土器」の用途 ③「江戸の土器」の分類

Ⅱ「江戸の土器」のいろいろ

①カワラケ ②ホウロク ③火鉢 ④焜炉 ⑤焼塩壷 ⑥灯火具 ⑦植木鉢 ⑧人形 ⑨ミニュチュア類

発売年月で探す
トピックス