北隆館

考古学ジャーナル 2024年4月号 考古資料からみた古墳時代の渡来人再考

好評発売中!!


考古資料からみた古墳時代の渡来人再考
Reconsidering the Kofun period's migrants from the perspective of archaeological materials
製品情報
ジャンル・特集 考古学ジャーナル
著者/編集 青柳 泰介(奈良県立橿原考古学研究所)
定価 本体1,682円+税
発売日 2024.03.20
判 頁 B5判・44頁
概要

■ 今月の言葉
考古学からみた渡来人研究の課題と展望/亀田 修一

■ 特集
総論 古墳時代の渡来人再考/青柳 泰介
動物利用からみた渡来人/丸山 真史
倭人の生活・祭祀からみた渡来人/中野 咲
渡来系のテヒトとフミヒト-渡来系の技術と技術者の多様性を考える-/田中 史生
古墳時代の終焉と渡来系文物の変化/山本 孝文

■ 考古学史の散策〈52〉
学史で見る長崎の考古学/下川 達彌

■ 高校生の考古学サークル・研究会
福島県立磐城高等学校史学部「史学部の足跡と現在」/金子 亜希子

■ 考古アカデミックレポート
負ミュオンが織りなす文理融合研究/三宅 康博
写真の<考古学>とその設計/溝口 佑爾

「考古学ジャーナル」編集顧問
坂誥 秀一(立正大学特別栄誉教授)

「考古学ジャーナル」編集委員会
安藤 広道(慶應義塾大学文学部教授)
小川 望(中央大学兼任講師)
諏訪間 順(小田原城天守閣館長)
谷川 章雄(早稲田大学人間科学学術院教授)
橋本真紀夫(日本文化財保護協会副理事長)
日高 慎(東京学芸大学文化財科学分野教授)
平田 健(東京都教育庁学芸員)
(五十音順)

発売年月で探す
トピックス