北隆館

考古学ジャーナル 2022年6月号 発掘された大名屋敷

好評発売中!!


発掘された大名屋敷
The excavated Mansions of Feudal Lords (Daimyo)
製品情報
ジャンル・特集 考古学ジャーナル
著者/編集 追川 吉生(東京大学埋蔵文化財調査室)
定価 本体1,682円+税
発売日 2022.05.23
判 頁 B5判・54頁
ISBN 03817-06
概要

■ 今月の言葉
江戸の大名屋敷の狐/谷川 章雄

■ 特集
総論 大名屋敷跡遺跡研究の新潮流/追川 吉生
徳川御三卿屋形と大名上屋敷の調査/相場 峻
1万石の大名屋敷跡における様相/仲光 克顕
小石川御殿と柳沢家駒込屋敷/丹野 祥枝
大坂の蔵屋敷跡 その特徴と多様性/宮本 康治

■ 遺跡速報
青森県 酪農(3)遺跡 ―下北半島の環状列石と集落―/折登 亮子・長谷川 大旗

■ 考古学史の散策〈36〉
三重県の考古学史/駒田 利治

■ 書評
『国分寺市被災古瓦塼等修復事業報告書』国分寺市・国分寺市教育委員会 編/橋本 眞紀夫

■ 考古アカデミックレポート
近世薩摩焼の考古学的研究/渡辺 芳郎
海防遺跡の考古学 江戸時代は太平の世か?/岡寺 良
焼成人骨から読み解く近世江戸の火葬/中山 なな
インフラから解き明かす近世城下町町人地の設計論理/阿部 貴弘

「考古学ジャーナル」編集顧問
坂誥 秀一(立正大学特別栄誉教授)

「考古学ジャーナル」編集委員会
小川 望(小平市地域振興部)
高麗 正(日本考古学協会事務局)
諏訪間 順(日本旧石器学会副会長)
橋本真紀夫(日本文化財保護協会副理事長)
日高 慎(東京学芸大学文化財科学分野教授)
平田 健(東京都教育庁)
(五十音順)

発売年月で探す
トピックス