北隆館

月刊「細胞」2024年4月号 ライフサイエンス分野におけるAI解析

ライフサイエンス分野におけるAI解析
AI analysis in the field of life sciences
製品情報
ジャンル・特集 細胞
著者/編集 渡辺 英治(基礎生物学研究所/総合研究大学院大学)
定価 2,400円+税
発売日 2024.03.20
判 頁 A4判・102頁
概要

4月号 目次 Contents
特 集 ライフサイエンス分野におけるAI解析
AI analysis in the field of life sciences

・総論 AIはライフサイエンスを進化させる(渡辺 英治)
・1細胞RNA-seqから空間トランスクリプトームの再構成する機械学習(大河内 康之・本田 直樹 他)
・細胞生物学におけるAlphafold2活用の動向(南野 尚紀)
・深層学習による植物表現型分析とその妥当性の検証(近藤 洋平)
・AIを使った泳ぐ魚の検出と識別(八杉 公基)
・生物学のための人工生命:科学と工学(Lana Sinapayen・渡辺 英治)
・基盤モデルによる第4次AIブームの到来(藤吉 弘亘)

技術講座
・糖鎖構造のオミクス解析(矢木 宏和・加藤 晃一)

Topics from special edition
・精緻な細胞系譜と空間オミクスに基づく中枢神経系の細胞多様性創出機構の解明(圓尾 綾菜・日下部 岳広)
・冠動脈石灰化スコア評価における人工知能の活用と今後の展望(藤本 進一郎・代田 浩之)
・ウォームギヤメカニズムを用いた自走式大腸内視鏡ロボット(大澤 啓介・田中 英一郎)
・VRペインマネジメントにおける生理学的活動と時間圧縮効果の関連性評価(笠井 亮佑)
・超音波画像解析によるリンパ浮腫診断を目指して(丹羽 史織・大島 千佳)
・X線マイクロCTを使ったイメージング法により解き明かす昆虫の超高速度運動の制御(青沼 仁志)
・薬物性肝障害における多価不飽和脂肪酸含有リン脂質の役割の解明(稲垣 奈都子)
・消化器癌に対する生体組織イメージングを用いた術中リアルタイムがん診断自動解析システムの開発(田代 良彦・青木 武士)
・人工頭脳による神経ネットワーク解析から見えてきた全身麻酔薬の作用メカニズム(廣田 弘毅・高澤 知規 他)
・生体ナノ量子センサ技術を活用した最先端イメージングシステムの開発(湯川 博・馬場 嘉信 他)
・スペクトルイメージングを用いた肝臓外科手術ナビゲーションシステムの研究開発(浦出 剛史・福本 巧)
・変形性関節症の定量的画像評価・解析法について(名川 恵太)
・AI・Beyond 5G時代に向けた可用性・利用性に優れた医療情報分散共有システムとその応用(福本 昌弘)
・分子シミュレーション×AlphaFold2でトランスポータータンパク質の未解明構造を明らかにする(大貫 隼)
・AlphaFold-Multimerによる立体構造予測(清田 泰臣・竹田-志鷹 真由子 他)

<編集委員>
・岡野 栄之 (委員⻑)(慶應義塾⼤学医学部⽣理学教授)
・望⽉ 眞⼸ (慶應義塾⼤学 名誉教授)
・⻄村 栄美 (東京医科⻭科⼤学難治疾患研究所教授)
・三浦 正幸 (東京⼤学⼤学院薬学系研究科遺伝学教授)
・阿形 清和 (基礎生物学研究所 所長)(順不同)
<初代委員長>
・織田 敏次 (東京大学名誉教授)
<前編集編集委員>
・本庶 佑 (京都大学特別教授)

発売年月で探す
トピックス