北隆館

  • TOP
  • 細胞
  • 月刊「細胞」 2018年 1月号

月刊「細胞」 2018年 1月号

多元計算解剖学と臨床への応用展開
Principle and Development in New Frontier of Science on Multidisciplinary Computational Anatomy
製品情報
ジャンル・特集 細胞
著者/編集 橋爪 誠(九州大学先端医療イノベーションセンター)
定価 2,100円
発売日 2017.12.20
判 頁 A4判・54頁
ISBN 04127-01
概要

特 集

・ 総論 多元計算解剖学の確立と応用(橋爪 誠)
・ 膵癌およびヒトの時空間情報統合モデル(本谷 秀堅・清水 昭伸 他)
・ 医用画像に基づく筋骨格系機能解剖モデル(佐藤 嘉伸・菅野 伸彦 他)
・ 術前術中術後診断治療支援(森 健策)
・ MRI脳溝解析から多元計算解剖学へのアプローチ(田村 学・村垣 善浩 他)
・ 消化器外科手術のための多元計算解剖学モデル(大内田 研宙)

Topics from special edition
・ 新生児脳の成長統計形状モデル構築による子どもの発達障害発症リスク評価(盛田 健人・小橋 昌司)
・ 血清アルブミンを利用したホウ素デリバリーシステム(中村 浩之)
・ 多系統萎縮症における早期診断マーカーの開発~神経回路解析を中心に~(原 一洋・祖父江 元 他)
・ 放射線がん治療における物理学的素過程の研究(洞口 拓磨)
・ 複数トレーサー同時イメージングPET の開発(福地 知則)
・ 脳局所特徴を用いた高精度MRI画像解析技術(伊藤 康一)

技術講座
・ シングルセルからのサイトカイン分泌検出(山岸 舞・白崎 善隆)

発売年月で探す
トピックス