北隆館

昆虫と自然 2024年5月号 特 集・国際昆虫学会議と昆虫学の最近の進歩

好評発売中!!



特 集・国際昆虫学会議と昆虫学の最近の進歩
International Congress of Entomology and Recent Advances in Entomology
製品情報
ジャンル・特集 昆虫と自然
著者/編集 後藤慎介(大阪公立大学大学院理学研究科)
定価 本体1,682円+税
発売日 2024.04.22
目次

特 集・国際昆虫学会議と昆虫学の最近の進歩
International Congress of Entomology and Recent Advances in Entomology

◆総論:国際昆虫学会議とは
後藤 慎介
General remarks:International Congress of Entomology
Shinsuke Goto

◆世界の昆虫学者がやってくる!
志賀 向子
Entomologists all over the world get together at ICE2024 Kyoto
Sakiko Shiga

◆未来の昆虫学者へのメッセージ
吉村 真由美
Message for the Entomologist in the future
Mayumi Yoshimura

◆昆虫模倣ロボット・昆虫融合ロボット
安藤 規泰
Insect mimetic and insect-machine hybrid robots
Noriyasu Ando

◆最新技術による近未来の害虫被害ゼロ農業
日本 典秀
Zero-pest damage agriculture in near future by combination of new technologies
Norihide Hinomoto

◆昆虫体系学の最近のトレンドとレガシー技術の重要性
吉澤 和徳
Trends in Systematic Entomology and the importance of traditional methods
Kazunori Yoshizawa

○連載 日本の迷蝶(12)
これまで日本で記録された迷蝶の近況について(5)
高橋 直
Topics of migrated butterflies of Japan in recent years (5)
Naoshi Takahashi

○連載 未来の昆虫学者たち(3)
高知県立高知小津高等学校 生物部
Entomologists of the future (3)
Kochi Prefectural Kochi Ozu High School Biology Club

○連載 中国産オサムシ類に関する知見(39)
四川省甘孜县,卡瓦洛日山塊から発見されたドウガネオサムシの1新種
井村 有希
Contribution to the knowledge of carabid beetles (Coleoptera, Carabidae)from China (39): A new Rhigocarabus from the Kawaluori Mts.of Ganzi Xian, Northwest Sichuan
Yûki Imura

○INSECTS REPORTS
ササコナフキツノアブラムシの細胞内共生
賴本 隼汰
Dual-endosymbiosis in the eusocial aphid Ceratovacuna japonica
Shunta Yorimoto

◎特集アドバイザー委員◎(五十音順)
荒谷邦雄(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)
石井 実(大阪府立大学名誉教授)
後藤慎介(大阪公立大学大学院理学研究科・理学部教授)
三枝豊平(九州大学名誉教授)
野村昌史(千葉大学大学院園芸学研究院教授)
平井規央(大阪公立大学大学院生命環境科学研究科教授)
矢田 脩(九州大学名誉教授/九州大学総合研究博物館)
吉富博之(愛媛大学農学部准教授)

発売年月で探す
トピックス