北隆館

別冊 BIO Clinica 慢性炎症と疾患 通巻24号 第9巻第1巻

自己免疫疾患
autoimmune diseases
製品情報
ジャンル・特集 別冊 BIO Clinica
著者/編集 高柳 広(東京大学大学院医学系研究科免疫学)
定価 本体3,091円+税
発売日 2020.07.31
判 頁 B5判・148頁
概要

特集:自己免疫疾患
autoimmune diseases

カラーグラビア 病理アトラス
病理組織像から膠原病の慢性化を考える
澤井 高志
Key Point of Rheumatoid Arthritis for Chronic Inflammation in Pthology
Takashi Sawai

総論 自己免疫疾患への新たな挑戦
高柳 広
General remarks:Challenges to autoimmune diseases
Hiroshi Takayanagi

1.PD-1による免疫抑制
清水 謙次・岡崎 拓
Immune regulation by PD-1
Kenji Shimizu, Taku Okazaki

2.MHCクラスII分子による自己免疫疾患の発症機序
中井 渉・荒瀬 尚
Pathogenesis of autoimmune disease by MHC class II molecules
Wataru Nakai,Hisashi Arase

3.自己抗体の産生機序
桑名 正隆
Mechanisms underlying autoantibody production
Masataka Kuwana

4.中枢性免疫寛容
新田 剛
Central Immune Tolerance
Takeshi Nitta

5.関節リウマチにおける炎症遷延と骨破壊のメカニズム
佐藤 浩二郎
Mechanisms of persistent inflammation and bone destruction in rheumatoid arthritis
Kojiro Sato

6.オミックス解析を用いた関節リウマチの個別化医療の最前線
鈴木 勝也・竹内 勤
Update on multi-omics analysis based personalized medicine for rheumatoid arthritis
Katsuya Suzuki, Tsutomu Takeuchi

7.横断的オミクス解析による自己免疫疾患の病態解明とゲノム創薬
田中 宏明・岡田 随象
Integrative omics research and genome-based drug discovery in autoimmune diseases
Hiroaki Tanaka, Yukinori Okada

8.Type I IFNと全身性エリテマトーデス
加藤 保宏・熊ノ郷 淳 他
Type I IFN and SLE
Yasuhiro Kato, Atsushi Kumanogoh, et al.

9.多発性硬化症における慢性炎症
能登 大介・三宅 幸子
Chronic inflammation in Multiple Sclerosis
Daisuke Noto, Sachiko Miyake

10.関節リウマチの滑膜炎症と関節破壊を担う滑膜線維芽細胞の制御機構
溝口 史高
The molecular mechanism to drive synovial inflammation and joint destruction in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts
Fumitaka Mizoguchi

11.全身性強皮症における免疫異常と組織線維化のメカニズム
住田 隼一・佐藤 伸一
Mechanism of Immunity abnormality and Organization fiber-ization in systemic sclerosis
Hayakazu Sumida, Shinichi Sato

12.活性化線維芽細胞に着目した肺線維症の病態メカニズム
七野 成之
Mechanisms of pulmonary fibrosis; focused on activated lung fibroblasts
Shigeyuki Shichino

13.骨免疫学による炎症性骨破壊の病態解明
小松 紀子
Elucidation of immune-mediated bone destruction by osteoimmunology
Noriko Komatsu

NEWS FROM INDUSTRY
バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「Sixteens®」のメタボローム解析
村田 公英
Biogenics, lactic acid bacterium “Sixteens®” −Metabolome analysis−
Kimihide Murata

「乳酸菌信仰」が科学の進歩にブレーキ壁を越えられない乳酸菌業界
村田 公英
“Lactobacillus faith” brakes scientific progress Lactic acid bacteria industry that cannot cross the wall
Kimihide Murata

コロナウイルスの感染防御と粘膜免疫
林 隆博
COVID-19 protection and mucosal immunity
Takahiro Hayashi

BIOLOGICAL TOPICS
Aire を基軸とする自己免疫疾患の病態解明
森本 純子・松本 満 他
Elucidation of the pathogenesis of autoimmune disease through the study of Aire
Junko Morimoto, Mitsuru Matsumoto et al.

ヒトIL-18 特異的シグナルを検出する新規リポーター細胞の樹立および独自ライブラリーを用いた創薬への取り組み
倉田 里穂・米澤 朋 他
Establishment of novel reporter cell detecting IL-18 specifically induced NFkB activation and High-throughput screening toidentify chemical compounds and/or natural extracts mimicking IL-18 using original libraries
Riho Kurata, Tomo Yonezawa et al.

組織線維化に対する標的化とその治療技術の開発
伊勢 裕彦
Development of the targeting systems and the therapeutic approaches for tissue fibrosis based on cell surface vimentin
Hirohiko Ise

遺伝性白内障ラットSCR に対するラノステロールの有用性に関する検討
稲葉 一訓・長井 紀章 他
Effect of Lanosterol on lens opacification in the Shumiya Cataract Rats
Kazunori Inaba, Noriaki Nagai et al.

皮膚バリア機能と知覚閾値との関係
佐伯 由香
Relationship between skin barrier function and perceptual threshold
Yuka Saeki

出芽酵母におけるオートファゴソーム形成の分子メカニズム
河岡 辰弥・鈴木 邦律
Molecular mechanisms of autophagosome formation in Saccharomyces cerevisiae
Shinya Kawaoka, Kuninori Suzuki

CLINICAL TOPICS
新型コロナウイルス感染症対策のための健康観察パーソナルヘルスレコードアプリの開発
山本 景一・石見 拓
A health observation app for COVID-19 symptom tracking integrated with personal health records
Keiichi Yamamoto, Taku Iwami

Vaccine Hesitancy と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
種市 尋宙
Vaccine Hesitancy and Coronavirus disease 2019(COVID-19)
Hiromichi Taneichi

自己免疫疾患とサルコペニア
杉浦 英志・亀高 諭 他
Autoimmune disease and Sarcopenia
Hideshi Sugiura, Satoshi Kametaka et al.

多発性硬化症治療の現状とDDS 創薬
清水 広介
Recent advances in the treatment of MS with DDS drugs
Kosuke Shimizu

イメージング質量分析法を用いた脳・脊髄プロテオーム解析による多発性硬化症のバイオマーカー探索
池川 雅哉
Developing novel biomarkers in multiple sclerosis by generating in situ proteomics of the brain and the spinal cord through imaging mass spectrometry
Masaya Ikegawa

編集委員長:永井 良三

発売年月で探す
トピックス