北隆館

BIO Clinica 2018年 9月号

クリニカルバイオバンクの現状と展望
Clinical Biobank: actual state and future vision
製品情報
ジャンル・特集 BIO Clinica
著者/編集 武藤 学(京都大学大学院 医学研究科 腫瘍薬物治療学)
定価 定価2,300円
発売日 2018.08.10
判 頁 B5判・98頁
ISBN 17601-09
概要

TOP (巻頭言) 「バイオバンク」を支援する立場から(加藤 治)
・総論:研究基盤としてのクリニカルバイオバンク(武藤 学)
・医療開発とヒト生体試料利用インフラ(小栁 智義)
・ゲノム医療を切り開くクリニカルバイオバンクの社会実装(西原 広史・四十物 絵理子)
・バイオバンクに求められる品質管理(松原 岳大)
・生体試料利活用における倫理・個人情報管理(小杉 眞司)
・産業界からクリニカルバイオバンクに期待すること(赤塚 浩之)

CLINICAL TOPICS
・ゲノム医療研究におけるオントロジー(高井 貴子)
・研究試料付随臨床情報管理システム(森田 圭一・松本 繁巳 他)
・バイオバンクにおける品質管理(竹田 真由)
・MUSCAT-Assay法の個別化医療への応用(二見 淳一郎)
・四国における乳児型脊髄性筋萎縮症の発生率の調査(岡本 健太郎・西尾 久英 他)
・診療情報の保護と利活用 -国民健康記録データベース構築を目指して(増成 直美)
・ゲノム医療の実現化をめぐる政策的・倫理的・社会的対応(三成 寿作)

BIOLOGY TOPICS
・がん微小環境下における効果的なTh1型免疫の導入によるがん免疫治療法の確立(北村 秀光・項 慧慧)
・オルガネラ間相互作用から見たオートファジー(河岡 辰弥・鈴木 邦律)

NEWS FROM INDUSTRY
・パーキンソン病のイメージング研究:サル脳を対象にしたPET 研究(塚田 秀夫)
・バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「Sixteens®」のメタボローム解析(村田 公英)
・「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!(光岡 知足・村田 公英)

発売年月で探す
トピックス