北隆館

BIO Clinica 2018年 12月号

好評発売中!!
ニューロイメージングの現在
Current Topics in Neuroimaging
製品情報
ジャンル・特集 BIO Clinica
著者/編集 花川 隆
(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター脳病態統合イメージングセンター)
定価 定価2,300円
発売日 2018.11.10
判 頁 B5判・104頁
ISBN 17601-12
概要

好評発売中!!


 

TOP (巻頭言) ニューロイメージングが医療を変える!?(川人 光男)

特集 ニューロイメージングの現在
・総論:ニューロイメージングの真価(花川 隆)
・ヒト脳研究におけるMRIの意義 -7TMRIの展望を含めて(定藤 規弘・福永 雅喜)
・PET研究の最先端(樋口 真人)
・認知症画像研究の現状とデータベース構築(松田 博史)
・精神科イメージング研究の現在と展望(笠井 清登)
・脳神経内科領域における脳MRI研究の現状(渡辺 宏久・祖父江 元 他)
・イメージングを活用した
ニューロリハビリテーションの現在と展望(服部 憲明・宮井 一郎)

HISTORY
・肝疾患診療の歴史(2)
肝癌その2.穿刺局所療法(PEIT,MCT,RFA)の開発(大﨑 往夫)

NEWS FROM INDUSTRY
・脳機能イメージング用PETプローブの開発法(塚田 秀夫)
・ニューロイメージングにおけるMRI最新技術(名内 存人)
・高分子ミセル「ラクトソームTM」の
診断・治療応用に向けた分子設計(小関 英一)

・乳酸菌生産物質の各種腫瘍細胞(13株)に対する
in vitro 増殖抑制作用の検討(村田 公英)
・バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「Sixteens®」のメタボローム解析(村田 公英)
・「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!(光岡 知足・村田 公英)

BIOLOGY TOPICS
・放射線がん治療における物理学的素過程の研究(洞口 拓磨)

CLINICAL TOPICS
・認知機能リハビリテーションによる
統合失調症の脳画像変化(松田 康裕・岸本 年史 他)
・統合失調症患者における動機づけ低下の生物学的基盤(橋本 直樹・久住 一郎 他)
・統合失調症を有する方への
精神科訪問看護と認知行動療法(木戸 芳史・松田 陽子)
・脊髄性筋萎縮症遺伝子に関する最近の話題:
SMN1・SMN2遺伝子イントロン6内の潜在性エクソンの解析(吉本 さとみ・篠原 正和 他)
・味覚 BMI の現在地と今後の展望(薗村 貴弘・岩井 治樹)
・発達障害児者の個人特性に応じた
教育支援システムの開発研究の紹介(小越 咲子・小越 康宏)

発売年月で探す
トピックス