北隆館

考古学ジャーナル 2019年12月号

陥し穴研究の現状
Present conditions of the pitfall study
製品情報
ジャンル・特集 考古学ジャーナル
著者/編集 今村 啓爾(帝京大学文学部)
定価 本体1,682円+税
発売日 2019.11.22
判 頁 B5判・34頁
ISBN 03817-12
概要

■ 今月の言葉
横須賀市船久保遺跡の調査から/戸田 哲也

■ 特集
総論 陥し穴研究の展開/今村 啓爾
神奈川県三浦半島の旧石器時代陥し穴/麻生 順司
愛鷹・箱根山麓の旧石器時代陥し穴/池谷 信之
北日本の動物相と陥し穴/藤原 秀樹
縄文時代に追い込み陥し穴猟は行われたか/中村 信博
韓国考古学における陥し穴研究の進展/庄田 慎矢

■ 考古学史の散策〈18〉
和歌山県の考古学史散歩/窪田 照久

■ 大学の考古学実習
東海大学の考古学実習/松本 建速

■ 「考古学ジャーナル」総目次 2019年1月号~12月号(通巻No.721~734)

「考古学ジャーナル」編集顧問
坂誥 秀一(立正大学名誉教授)

「考古学ジャーナル」編集委員会
小川  望(小平市地域振興部)
佐藤由紀男(岩手大学教育学部教授)
谷口  榮(葛飾区産業観光部)
橋本真紀夫(日本文化財保護協会副理事長)
日高  慎(東京学芸大学文化財科学分野教授)
(五十音順)

発売年月で探す
トピックス