北隆館

  • TOP
  • トピックス
  • 潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に! 世界遺産に関する考古学の調査研究の成果が『キリシタン考古学』(今野春樹著)に収録されています!
2018.07.02

潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に! 世界遺産に関する考古学の調査研究の成果が『キリシタン考古学』(今野春樹著)に収録されています!

バーレーンで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は2018年6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎・熊本両県)の世界文化遺産登録を決定しました。登録遺産は、江戸幕府がキリスト教を禁じた17~19世紀に、ひそかに信仰を守り続けた「潜伏キリシタン」が育んだ独特の文化的伝統を示す遺産群です。ニューサイエンス社が刊行する『キリシタン考古学』(今野春樹著:上智大学キリシタン文化研究会)は、キリシタン遺跡や遺物の考古学的な研究成果をまとめた稀少な参考書籍です。この機会に御高覧頂けると幸いでございます。

発売年月で探す
トピックス