北隆館

  • TOP
  • トピックス
  • 「考古学ジャーナル」最新号(10月臨時増刊号)は、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録でも注目される「観光考古学」特集です!
2019.09.24

「考古学ジャーナル」最新号(10月臨時増刊号)は、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録でも注目される「観光考古学」特集です!

■ 特集
はじめに 観光考古学と埋蔵文化財/坂誥 秀一

Ⅰ.観光と考古学
(1)埋蔵文化財の保存と観光的活用/近江 俊秀
(2)文化財を活用した観光政策について/河田 敦弥

Ⅱ.遺跡の保存と活用の実践
(1)史跡富士山/渡井 英誉
(2)芝山古墳群の保存と活用-はにわを活かしたまちづくり-/奥住 淳
(3)小田原城跡の保存と活用/諏訪間 順

Ⅲ.観光と考古学の視座
遺跡活用の新たな視点/河合 英夫
(1)北海道の縄文遺跡/阿部 千春
(2)払田柵跡-出羽国の古代城柵-/星宮 聡仁・吉川 耕太郎
(3)武蔵国分寺跡の保存整備事業とその活用/依田 亮一
(4)駿府城/植松 朋子
(5)百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録/十河 良和
(6)荒神谷遺跡の活用と保護/平野 芳英
(7)首羅山遺跡-中世山林寺院-/江上 智恵
(8)沖縄県南城市サキタリ洞遺跡-ガンガラーの谷-/山崎 真治

Ⅳ.外国の「観光」考古学
(1)韓国の実例/山本 孝文
(2)イラクの現状/小泉 龍人
(3)イースター島の文化財/林 徹

Ⅴ.座談会
観光考古学の課題/
坂誥 秀一・那波 市郎・長谷川 渉・谷口 榮・英 太郎
司会  橋本 真紀夫

発売年月で探す
トピックス